こんにちは!西日本を中心に総合物流サービスを展開するキチナングループの本島です。

 

スキッド梱包とパレット梱包は形状や荷姿が似ているので、混同している人もいるかもしれません。

実はこれらは荷台の形状が異なり、それによる特徴やメリット・デメリット、向いている荷物なども異なります。

 

今回のコラムではスキッドとパレットの特徴や違い、それぞれどんな荷物に向いているのかを解説します。

物流業務の効率化のためにも、ぜひ知っておきたい梱包知識ですよ。

物流倉庫

 

 

スキッドとパレットの違いは?

スキッドとパレットは、どちらも荷物を載せて梱包する荷役台です。

スキッドやパレットに荷物を直接載せてバンドなどで固定し、スキッドやパレットごと運んだり保管したりします。

 

スキッドとパレットは形状が似ていますが、構造には少し違いがあります。

 

スキッドは、すのこをイメージするとわかりやすいでしょう。

ケタまたはブロックと呼ばれる木材部品が格子状に組まれ、上部に板(デッキボード)が付いているタイプと、デッキボードが付いていないタイプがあります。

一方、パレットはケタまたはブロックの上下にデッキボードが付いた形です。

 

スキッドとパレットの構造の違いは、デッキが片面にある(またはない)のか、両面にあるのかといった点。

 

梱包方法は共通で、どちらも上部デッキに荷物を直接載せ、下からバンドを通して器具などで固定します。

 

梱包方法や梱包した状態のことを流通用語では荷姿といいます。

スキッド梱包やパレット梱包のほかよく使われる梱包方法について、「荷姿とは?荷姿の種類や特徴を詳しく解説!」でも解説しています。

 

 

 

スキッド梱包とパレット梱包のメリット・デメリットは?

スキッド梱包とパレット梱包のメリットとデメリットをそれぞれ解説します。

 

スキッド梱包のメリット・デメリット

スキッドは下部のデッキボードがないことで地面との設置面積や摩擦が減り、重たい荷物の移動がしやすいのがメリットです。

また、パレットと比較してデッキボードが少ない分、コスト削減が可能です。

 

一方で、下部のデッキボートがないことで、パレットと比較して安定性と耐久性が低くなるのも事実です。

スキッドごと荷物を積み重ねることはできないので、保管効率や輸送効率が低い傾向にあることがデメリットといえるでしょう。

 

パレット梱包のメリット・デメリット

パレットは上下にデッキボートがあることで、荷物をパレットごと積み重ねることができます。

積み重ねたパレットをその上からバンドやフィルムで固定することで、視認性、安定性、耐久性の高い梱包が可能です。

段積みしたパレットをまとめて保管や持ち運びができるので、保管効率や輸送効率が高いのもメリットでしょう。

 

パレット梱包のデメリットは、段積みしたパレットには大きな保管スペースが必要なこと、荷崩れを起こす可能性があることなどです。

また、移動にはフォークリフトが必要で、資格や技術を持つスタッフも欠かせません。

 

 

スキッドとパレット、どんな荷物でどちらを使えば良い?

パレット梱包

スキッド梱包はダンボールに入らないような大きな荷物や重たい荷物などに向いています。

段積みしない前提の大型機械などが該当するでしょう。

また、コストを抑えた梱包方法なので、売り主(または輸送業者)へスキッドを返却しない「ワンウェイパレット」としても利用されます。

 

パレット梱包は食品や工業用品など幅広い業界の幅広い製品に向いています。

ダンボールに入れてパレット梱包した製品を段積みできるので、食料品や日用品、衣類など大量保管するような商品の管理もしやすいです。

 

「スキッドとパレットのどちらを使う?」「どんな梱包方法が良い?」といった判断も含め、物流はプロに任せるのが安心!

 

キチナングループでは、物流アウトソーシングサービスを提供しています。

現場を熟知した物流のプロが、荷物の特性に合わせて保管、流通加工、輸送、配送を最適化!

 

化学工業製品から雑貨までさまざまな製品を幅広く扱っています。

物流をプロにアウトソーシングすることで、本業に専念できますよ。

 

 

スキッドとパレットの違いを理解して適切な梱包方法を選ぼう

スキッドとパレットは荷物を載せて梱包する荷役台です。

形状は似ていますが、上下の両方にデッキボートがあるのがパレット、下部にデッキボードがないのがスキッドです。

 

スキッドは上部にのみデッキボードがあるタイプ、上下ともにデッキボードがないタイプがあります。

梱包方法は同じで、荷物を荷台に直接載せてバンドやフィルムなどで固定します。

 

スキッド梱包は下部のデッキボードがないため、地面との摩擦が少なく重たい荷物の運搬に適していること、コストカットになることがメリットです。

ただし、スキッドごと積み重ねることはできないので、保管効率や運搬効率はパレットに劣ります。

 

パレット梱包は幅広い分野のさまざまな製品の梱包に適していて、パレットごと積み重ねてそのまま保管・運搬ができるので、保管効率・運搬効率が良いことがメリット。

広い保管スペースが必要なこと、荷崩れの可能性などに注意しましょう。

 

倉庫管理や運搬を効率的に進めたいなら、物流のプロにアウトソーシングするのもおすすめ!

 

キチナングループでは、物流アウトソーシングサービスを提供しています。

商品の特性と要望に合わせて物流業務の最適化を提案しますので、お悩みの際はお気軽にご相談くださいね。

 

この記事を書いた人

本島 葵

キチナングループ株式会社 運輸営業課

2020年新卒入社。1・2年目は大型ウイングトラックの配車を担当、2・3年目は中型トラックの配車・事務担当として携わり、4年目からは営業をしています。趣味は好きなアイドルのコンサートに行くことです。好きな言葉は、「平和」と「素敵」。

関連事業・サービス

物流

貨物輸送から出荷代行まで、事業成長を支える物流ソリューションを全国ネットワークで提供します。