お知らせ

NEWS&BLOG

HOME > お知らせ > [吉南人]周りの環境に感謝しながらお客様と歩んでいく現場

[吉南人]周りの環境に感謝しながらお客様と歩んでいく現場

 

こんにちは、経営サポート部の藤野です。

今回は、吉南(株)生産事業部 広島営業所 安藤主任にインタビューをしてきました!

 

 

社員プロフィール


安藤 友二 (あんどう ゆうじ)

吉南株式会社 生産事業部 広島営業所 主任

2007年に製造オペレーターとしてキチナン(広島営業所)に入社。その後オペレーターとしてキャリアを重ね、現在は約20人の部下を抱えながら、勤怠管理や請求業務をこなす。

 

―――――――――――――――――

 

 

 

―現在の仕事内容

 

 

 

 

今は現場に入って、三交替勤務でオペレーターとして働いています。何をしているか簡単に言うと、粉を配合して、水で溶かしてまとめて乾燥させて、焼いて、それを粉砕して製品包装、このような流れの工程ラインを全て管理しています。時期的にはやはり、夏は大変です。工程内の気温が高くなるので、着替えが必ず必要になります。

 

ほかには自分の部下たちの勤怠の確認だったり、請求関係だったりを担当しています。

 

入社してから、所長にいろいろな工程に行かされましたね(笑)異動しない人はまったくしない人もいますが。工程によって、やり方が全然違うので大変なことはたくさんありました。でも、部下に指示を出すときにいろいろな工程や特徴を知っている方が良いので、今となっては良い経験をさせていただいたなと思います。

 

 

 

―やりがい

 

仕事をしていくなかでは身体を動かす方が得意ですね。私の管理している工程って全部のラインが繋がっているわけではなくて、部分、部分で立ち上げていくので、生産が忙しくなった時に自分が考えている最善のイメージで製品ができあがったときは、やりがいを感じますね。お客様の要望通りに動けたり、周りの人とうまくやっていけたりすると嬉しいです。

 

ですので、僕の直のときは結構流れが良いと思いますよ(笑)

 

どうすればもっと生産性や品質を上げていけるかについて考えますが、そのときに大事なことは、今よりもっと現場や工程のことを知ったり、お客様が求めていることを予測したり、理解したりしていくことだと思います。

 

 

 

 

―大切にしていること

 

 

 

業務上、大切にしていることは「まずは目の前にあることを確実にやること」ですね。依頼されたことはもちろんですが、社内での申し送りの内容や日報は、きちんと書くようにしています。最初からきちんと書いていたわけではないのですが、働いていく中で気にするようになりました。日々の小さなことでも、お互いに報連相をきちんとしていくことで次の直の人が助かることはもちろんですが、おざなりにすると結局どこかで自分に戻ってくると思うので。性格的に細かいところもあるかも知れませんが人のミスにもすぐ気づくので、気づいたらすぐに言いますね。逆に自分も言って欲しいですし。

 

 

 

―今後のビジョン

 

今後の目標としては、現在持っている仕事を後輩に引き継いで、日勤者になって、現場側からも事務側からも広島営業所全体を管理するような立場になることです!

 

 

 

―――――――――――――――――

 

 

 

 

インタビュー後記


 

初めてお会いした時から、なにか秘めているものがありそう・・・!と気になっていた安藤さんとお話しできました。冷静に現場や部下の方々を見ていて、お客様のために、営業所のためにどう動くことがベストか考えながら業務を遂行されていると感じました。ときおり見せてくださる優しい笑顔が素敵でした。

 

 

information


 

キチナングループ では、19卒採用、20卒採用、高卒採用、中途採用を行っています。
詳しくはそれぞれの採用ページをご覧ください。

-リクナビ2020より 予約受付中!
 ・インターンシップ情報はこちら
 ・採用情報はこちら
-内定者情報・新卒情報など随時更新中!
 ・Twitter :キチナングループ(吉南(株)・吉南運輸(株)
 ・Facebook :キチナングループFacebookページ
 

 

 

 

 

interview, text and photo: 経営サポート部 藤野ひかる

PAGE
TOP