お知らせ

NEWS&BLOG

HOME > お知らせ > [サンリク]ロゴ入りラッピングバスが周南市を走り始めます!

新着 一覧

[サンリク]ロゴ入りラッピングバスが周南市を走り始めます!

こんにちは!

グループ経営戦略部の藤野です。

 

 

現在、キチナングループの

株式会社サンリク ロゴ入りラッピングバスが

山口県周南市を駆け抜けております!

 

 

写真を入手しましたので

みなさまにもご紹介できればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで街中を走っております!

 

街中で見かけた際はぜひ手を振ってください♪

 

 

 

 

text:グループ経営戦略部 藤野ひかる

[採用]第1回フレッシャーズキャンプを開催しました!

こんにちは!

吉南株式会社 倉庫事業部

西大寺営業所の志賀です!

 

2020年6月19日(金)に、

第1回フレッシャーズキャンプを行いました!

 

 

キチナングループ採用情報や新卒情報は

インスタグラムで大公開中です!

ぜひチェックしてください!

 

 

 

 

フレッシャーズキャンプは

キチナンの新入社員研修のことで、

昨年より名称が変化しました!

 

 

20新卒向けのフレッシャーズキャンプでは、

19新卒の四井と志賀が運営事務局メンバーとして

コンテンツの内容や

毎回の研修のスライド作成

当日の司会進行まで

すべてを自分たちで行っていきます!

(ときどき、社長にもサポートいただいています!笑)

 

 

ブログも四井と志賀で書かせていただきます。

そして今回の担当は、志賀です!

慣れない部分もありますが

一生懸命お伝えしますので

よろしくお願いします!!

 

 

今回は初回ですので、簡単に自己紹介をさせてください!

 

吉南(株)倉庫事業部 西大寺営業所 志賀和寛
(2019年入社 / 岡山理科大学)

内定者インタビュー / 入社半年業務同行

 

▼僕が内定者のころ

私は内定者の頃は、課題やレスポンスが1番遅く

礼儀も欠如していました。笑
そんな自分が嫌で入社を機に

課題やレスポンスを誰よりも早く、

正確にすることを決めて

たくさんのチャンスを掴み、

積極的に挑戦させていただきました。

今回はその挑戦と下記立候補理由から

FCの講師を務めさせていただきます!

(FC=フレッシャーズキャンプ)

 

▼フレッシャーズキャンプ事務局に立候補した理由
3つあります!

昨年の19卒のフレッシャーズキャンプでは、

運営に対していくつかの意見をしました。

このまま意見を不満や文句で終わらせたくないため

私も運営に入り、挑戦したいと思ったため。
次に、勤務地の関係で20卒の後輩との接点が

大幅に減ったため何かで貢献したいと思ったため。
最後に、昨年してきたたくさんの失敗をよりリアルに

後輩たちに伝えたいと感じたため。

 

▼どのような研修にしていきたいか
初回FCは「20新卒に内容を理解してもらいたい」

ということばかり意識して取り組みました。

その結果、「20新卒を理解する」ことや

「伝えたかではなく伝わったか」を

実践することができませんでした。

今後は20新卒が最大限力を発揮し、

積極的に行動できる雰囲気作りをテーマに

研修を盛り上げていきたいです!

 

 

吉南運輸(株) 物流部 四井智也
(2019年入社 / 山口大学)

内定者インタビュー / 入社半年業務同行

 

▼趣味を紹介します

今回フレッシャーズキャンプ運営に応募し、

任命されました、19新卒四井智也と申します。
興味ないかもしれませんが私の趣味はサッカーです。

見るのも、するのも、ゲームでやるのも好きです。

どちらかと言えば海外サッカーが好きで、

その中でもイタリアのセリエAで

奮闘しているナポリというチームが好きです。

キチナングループ社員を見てみると、

サッカー好きはかなり少ないような

気がしていますので、少し寂しいです。

いつか、同じ会社の人でサッカーや

フットサルができたらいいなーなんて漠然と考えてます!

 

▼これからどのような研修にしていきたいか
さて、ここまでは余談ですが。笑

運営に対する意気込みをお伝えします!

私は、この研修を通して運営・参加者共に

物流業界で闘える新卒に

成長していくという目標を掲げています。

 

物流業界では、知識・経験が重要になる局面が多く

その部分の不足で、壁に当たることがとてもあります。

 

私自身、入社2年目に突入しましたが

今でもそういったことは多々あります。

もちろん、1年目は毎日のようにありました。

そんな中、

私たちキチナングループ新卒に求められることは、

もっと成長したいという意欲であったり

積極性であると私は感じてます。

この研修を通して

即座に一人前になれるとは考えてませんが、

研修で得た学びを少しでも

日々の業務に落とし込んでいってもらえれば嬉しいです。

そういった半年間にしたいです。
より良い学びを提供出来るように

志賀さんと一緒に頑張っていきます!

 

 

以上、四井、志賀の自己紹介と意気込みでした!

昨年の自分たちの失敗を踏まえ、

後輩たちに最大限成長してもらうとともに

後輩たちの成長に負けないよう

成長していきたいと思っています(~_~;)

 

 

この研修では、3つの大きなコンテンツがあります!

まず、毎回、経営理念や方針、名刺交換練習を行い

会社の方針を理解する中で一人前の社会人を目指す。

 

 

経営理念唱和をしている様子

 

 

そして、キチナンで今後主流になっていく

ITツールについての基本的な使い方を学ぶ。

 

 

 

新入社員にはiPadが配られています。研修時には持参必須です!

 

 

 

最後に、営業について学び

今後の戦略を立てられるようになることです。

 

 

 

 

 

6月は世間的に見れば

コロナの影響がまだ見受けられています。

 

 

そんな中開催するのは運営としても

一会社員としても少し怖さはありました。

 

しかし、入社してから外部との接点を

減らさざるを得なかった後輩たちには

人と接する楽しさ、人から学ぶということ、

同期と切磋琢磨し成長していくことを

改めて思い出して欲しいという思いがあったため

全員が元気に本社に集まって

研修ができたのは嬉しかったです!

 

 

 

最後に感想共有をします!

 

 

 

初回のフレッシャーズキャンプでは、

私たち運営を含めた一人一人に

反省点もかなり多かったです。

しかし、初回ということを考えると

得たものは多かったように思います!

 

 

 

 

半年先の彼らの成長に

今から楽しみと焦りの気持ちが半々ですが、

僕たち自身も成長していけるように

切磋琢磨していけたらと思います!

 

 

キチナングループ採用情報や新卒情報は

インスタグラムで大公開中です!

ぜひチェックしてください!

 

 

text:吉南株式会社 倉庫事業部 志賀和寛

[倉庫]吉南株式会社門真営業所の立会い検査が終了しました

みなさんこんにちは!

経営戦略部の藤野です。

 

 

昨年より、着工していた新倉庫が無事完成、立会い検査を行いました。

そこで、皆さんにいちはやくご紹介したいと思います!

※詳しい倉庫情報詳細は、写真のあとに記載しています。

 

 

こちらが昨年の起工式の様子です。

 

 

設計を担った有限会社佐貫デザイン設計様、

施工元請けの株式会社鍛冶田工務店様を始めとした、
多くの皆様のご協力のもと、工期通りに高い品質の建物が出来上がりました。

 

 

 

大きく「吉南」と書かれています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかな緑が印象的な倉庫内です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[情報:吉南株式会社 門真営業所]

・住所:571-0015 大阪府門真市三ツ島4丁目1206番地

 アクセス:長堀鶴見緑地線「門真南駅」から徒歩15分
・鉄骨造 
・地上3階建
・延べ床面積:8485.16㎡

 

 

 

お客様の物流に関するお困りごとを

更に解決していく体制づくりを強化してまいります。

 

 

「売上が上がるに連れ物流業務が忙しくなり、本業に支障をきたしている…」
「在庫量が増えて保管スペースが足りなくなってきた…」
といったことでお困りの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

引き続き、キチナングループ、吉南株式会社をよろしくお願い致します!

 

 

 

text,edit:経営戦略部 藤野ひかる

キチナングループ経営計画発表会を開催いたしました!

こんにちは!
経営サポート部の藤野です。

 

2020年6月6日に
山口グランドホテルにて

吉南株式会社 第40期

吉南運輸株式会社 第60期

株式会社サンリク 第74期

有限会社彦島急配 第64期

経営計画発表会を開催いたしました!

 

 

 

 

 

コロナウイルスの影響を受け、

通常ですと100名前後の参加者で執り行っておりますが、

今回はマスク着用、アルコール消毒、換気など

厳重にコロナウイルス対策を重ねたうえで

幹部、ご来賓のお客様のみでの少人数開催といたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

│社長賞

 

吉南(株) 倉庫事業部 三橋真一さん(2004年入社)

 

【表彰者コメント】

この度、社長賞をいただきました。

ありがとうございました。
先輩方のご指導・お力添え、

また第一営業所の皆さんのご協力あってのことと感謝しております。

 

これを励みに

「今期マスタープランを必ず達成するぞ!!」という思いで
営業所一丸となって邁進してまいります。

推薦して頂いた久保専務はじめ
倉庫事業部の皆さん、第一営業所の皆さん、

本当にありがとうございました。

————————————————————–

【推薦者からひとこと】

社長賞、おめでとうございます。
1年間お客様の為、社員の為、仕入先の為、に

陰日向頑張った結果だと思います。
倉庫事業部から選ばれ、私も大変嬉しく光栄に感じています。
これからは従業員全員から憧れ目標にされますので、

尚一層努力を惜しまず模範になって下さいね。

 

吉南(株) 倉庫事業部 専務取締役 久保眞一郎

 

 

 

吉南運輸(株) 倉庫課 網重徳明さん

 

【表彰者コメント】

この度は吉南運輸第59期社長賞をいただきまして

誠にありがとうございます。

 

決して1人の力ではございません。
朝から夜まで、

どうしたらもっと入るのか、納められるか考えてくれる人
人手が足りない時、

生産事業部の浅田さんにお願いすると

「いつでも大丈夫!」と言ってくださり、

大変感謝しております。ありがとうございます。

 

周囲の方々の協力のおかげもあり、いただけた賞だと思っております。

 

残念ながら、59期では荷物事故が何件か発生してしまいました。
安全意識を高める為、

まずは歯止めを習慣付ける意味も込めて徹底的にやっています。
60期は無事故で乗り切れるよう、

みんなと力を合わせて行いたいと思います。
この度は本当にありがとうございました。

————————————————————–

【上司からひとこと】

社長賞おめでとうございます。

「断ったら他社に流れてしまうでしょ、絶対断ったらダメですよ、常務」
網重さんの、この言葉から始まった、

倉庫第3営業所のロケーション改革は
苦悩と苦労の連続だった事かと思います。

 

所員の皆さんの中にも、

多かれ少なかれ変化に抵抗する方も居られた事でしょう。

 

乗務員さんだった頃の

「皆が嫌がる荷物は俺が行く!」

「待ち時間にお客様担当者様と一緒に草むしりをする」

「同僚のプライベートの事に涙を流す」

 

そんな網重さんだからこそ、皆が協力を惜しまず、

変化を受け入れたんだと想像しています。

これからも強い会社に成長する為に

「変化を真正面から受入れる集団」創りに

力を貸してください、お願い致します。

 

吉南運輸(株) 常務取締役 平井篤史

 

 

 

 

優秀社員賞

 

吉南(株) 倉庫事業部 津田康平さん(2018年入社)

 

【表彰者コメント】

この度は、第39期優秀社員賞を

いただきまして誠にありがとうございます。
40期もいただいた賞に恥じぬよう業務に励みます。

 

今回営業売上でご評価いただきましたが、

久保さん 松田さん 川本さんと

上司の方々の助け無しでは達成できませんでした。

 

また、1年を通して浜田さんとお仕事させていただき、

マンツーマンでご指導いただけることも多く
自分でも成長を感じ、

1年間心から楽しんで仕事することが出来ました。

大変感謝しております。

 

同時に採用チームとして採用にも携わらせていただき、

後輩もでき、教える中で、

学ぶことも多く成長することができました。
さらに上を目指し尽力してまいります。

この度は本当にありがとうございました。

————————————————————–

【上司からひとこと】

津田さん、優秀社員賞、おめでとうございます。

39期 吉南(株)倉庫事業部 営業課で当期累積が7,373万円、

目標達成率184% 営業課でダントツの実績を上げ、

会社に多大なる貢献をされた事は優秀社員賞に相応しい人材です。

今後、益々幅広い視野で営業に取り組み会社を引っ張って下さい。

若手のホープ津田さん、期待してますよ。

この度は本当におめでとうございます。

 

吉南(株) 倉庫事業部 関西営業課 川本守

 

 

 

 

吉南運輸(株) 総務部 佐伯美柚さん(2017年入社)

 

【表彰者コメント】

運輸に異動して3年目となり、

新しいことに挑戦するチャンスを次々と与えてくれる

会社や上司に感謝しています。

今回は本来は業務の管轄からは離れた

倉庫課のお手伝いをしたという点で評価いただきましたが

新規事業立ち上げや、監査準備に携わることは

日々の総務業務に加えて、良い刺激となりました。

 

お客様から見習うべき点はとても多く(教育、決まりごとの徹底等)

少しでも吸収して会社に取り入れたいと思っています。
未熟な部分が多い中で賞をいただき

激励の意味も多分にあると認識しています。

 

推薦してくださった末次さん、

賞をくださった会社、社長にもお礼の言葉と

まだまだやるぞという決意を示したいです。

————————————————————–

【上司からひとこと】

優秀社員賞、おめでとうございます!

この度の推薦について
私は営業部の立場で非常に助けていただきました。

 

現在、吉南運輸の主力のお客様である
BASF戸田バッテリーマテリアルズ様

住友金属鉱山様・大運様の倉庫監査業務において
率先して現場協力していただいたと同時に、

業務の時間が短縮できるように

改善活動に取り組み、成果を出していただきました。

 

 

また、社内で感謝を伝えるサンクスカードを

1番貰っておられることからもわかる通り
誰もが1度は感謝を伝えていますし

(そうでない人も感謝されている方はたくさんいると思われる)
本来の業務も含め・他部署の応援に大活躍してくださいました。

 

これからも、まずは健康第一で頑張ってください。
この度は、本当におめでとうございます。

 

吉南運輸(株) 営業部 部長 末次正人

 

 

 

 

 

今回、受賞された皆さま、

本当におめでとうございます!

 

 

また、大変な状況のなか、

ご来場くださったご来賓の皆様

お忙しいなかで弊社の

経営計画発表会にお越しいただき

ありがとうございました。

 

 

今期もお客様の物流に関するお困りごとを共に解決し

また、企業としてもますますの成長を目指して、

社員一同精進してまいります。

 

 

キチナングループをよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

text and edit:経営戦略部 藤野 ひかる

吉南(株)生産事業部課長の浅田がQCサークル指導士に認定されました!

こんにちは!

経営サポート部の藤野です。

 

この度、吉南株式会社 生産事業部部長 浅田(あさだ)が

QCサークル指導士に認定されましたので

講義や学んだことなどを含めインタビューしてきました!

 

 

なお生産事業部では部長の池田部長の大田もQCサークル指導士に認定されています!

 

 

プロフィール


吉南株式会社 生産事業部 課長

浅田 貴仁(あさだ たかひと)

2001年入社。小野田営業所(山口県山陽小野田市)製造2G包装係で勤務開始。その後、リチウムイオン電池製造部門をはじめとするいくつかの新工程の立ち上げに参加。包装直長業務を任され、2016年4月から製造2Gの課長及び安全管理者に任命された。2018年10月からは製造1Gの課長としてお客様と現場社員との懸け橋を担い、よりよい製造請負サービスを提供するために日々努力をしている。

 

 

 

研修・受講内容についてのおおまかな内容や感想

 

研修は大阪府にある新藤田ビルで行われ、

前期3回(9月)、後期3回(10月)に受講をしました。

 

内容については、午前中に机上教育

午後はグループディスカッションを中心に

チームに分かれて行われました。

 

座学だけではなく、

考えながら取り組むことができ、良かったです!

 

私と同じ立ち位置の役割・役職であるメンバーが多かったため

QCに関する悩みも、考え方もほぼ同じでしたので

たいへん話が盛り上がり、

静かになるような場面がなく有意義な研修でした。

 

 

一番の気づき・印象に残ったこと

 

グループディスカッションを毎回行う事で

QC活動を行う際の進め方について、パターンが身につきました。

 

キチナンでミーティングを行う際も

ぜひ使ってみたいと思いました。

これは、QCについてだけでなく

グループディスカッションについても勉強になりました。

 

特に、考えがあっても人前でなかなか発言できない人や

リーダーシップをとるにあたって

自信がない人のトレーニングになると思います。

 

また、時には、ファシリテーターとして

メンバーから出た意見をまとめ、

更に議論を活性化させる役割も担っていきたいです。

 

 

他社の方と研修を受けるなかでの気づき

 

 

参加者には日常生活でもお名前を聞くような大手のメーカー様が多く

業種が違う企業さんも数多く来ておりましたが

共通事項としては、QC活動に時間をかけており

活動自体もしっかり行っていました。

 

社内大会はもちろん、地区大会や全国大会などにも参加されており、

それを会社が賞や賞金でサポート・評価している姿勢がみえました。

 

私をはじめ、キチナンは作業中心で動いていることが多いため

なかなか時間が取れないところがネックでした。

 

しかし、今後はQC指導士中心に展開を進めて

もっと大きな活動にしていきたいと感じました。

 

 

 

キチナングループで活かしていきたいこと

 

 

QC活動をすることで

企業の成長に繋がるとは思ってはいましたが

時間が経つにつれてキチナンでは、

完結させるためだけのQC活動に

なっていたことに気づかされました。

 

特に今までは自社の中でできることで止まっていましたが

他社を含めたQC活動で解決できる事案も教えていただき

QC活動の幅が広がりました。

 

 

部署毎には日々の業務内でも

様々な改善が行われているとは思いますが、

社内やグループ全体では見えていないので

社内メールやスラックなどで改善事案のチームを作り

良い案には賞金を付けることでグループ全体の士気が上がり、

あゆみ(キチナングループ社内報)で発表して

水平展開していくなどもいいのではないかと考えています!(笑)

 

QC活動を行うことでキチナングループ全体のレベルUPに繋がると思います。

 

 

 

各所でチームとして活動を行う上で必要な視点や考え方

 

今までは、効率を上げると

逆に単価を下げられるイメージが先行してしまい

腑に落ちないQC活動になっていたところもあるかもしれません。

 

 

しかし、今後は、利益に繋がる本来のQC活動をしないといけない。

強く、そう感じました。

 

また単価交渉についても

QC活動を武器とした交渉に切り替え、

キチナングループとして

お客様に与えることができる価値を

しっかりとお伝えし、理解していただくなど、

戦略的に行うべきであると思います。

 

 

品質を保ち、生産性を上げ、双方にとって

よいサービスを創り出す。改善が出来る。

 

 

そうすることによって、

今後のキチナングループとして、更なる成長が見込めると思います!

 

 

 

今後の受験者へのメッセージ

 

 

 

QCサークル推進者が3名と

まだまだ少なく社員一丸となって取り組むためにも

是非研修を受けてもらいたいです!

 

 

従業員全員が試行錯誤し

楽しみながら取り組むことができる

QC活動に切り替えて行くためには

考え方の統一が必要です。

 

今後もこの活動を進めていきたいので、

社内でも学んできたことを後輩たちに伝授し、

よりよいQC活動を行えるよう、強化していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

編集後記


QC活動を通して職場でのコミュニケーション活性化に繋がる学びを得られたそうです!よりよいQC活動は、お客様はもちろん、キチナングループとしてのサービスにポジティブな影響を与えると感じました!

 

 

 

interview,text and edit:経営サポート部 藤野ひかる

吉南(株)生産事業部部長の大田がQCサークル指導士に認定されました!

こんにちは!

経営サポート部の藤野です。

 

この度、吉南株式会社 生産事業部部長 大田(おおた)が

QCサークル指導士に認定されましたので

講義や学んだことなどを含めインタビューしてきました!

 

 

なお生産事業部では部長の池田・課長の浅田もQCサークル指導士に認定されています!

 

 

プロフィール


吉南株式会社 生産事業部 部長

大田 辰夫(おおた たつお)

1999年入社。小野田営業所で3年間勤務、その後広島営業所立ち上げに参加し、

2010年より同所で所長業務開始。2017年からは岡山営業所所長兼務開始。

現在は、小野田営業所・製造3G 部長と北九州営業所所長を兼務している。

 

 

 

 

研修・受講内容についてのおおまかな内容や感想

 

今回の受講は、QC活動を職場に定着させ

PDCAをまわしながら、活発に行うための研修でした。

 

 

会社としての運営方法や実際に自分たちの職場に落とし込むための

QCリーダーの育成法など、健全なQC活動の継続について学んでいきました。

活動を行っていくうえで最も必要なことは

一緒に働く仲間とのコミュニケーション(相手の考えを理解する)。

 

 

そして、その場その場だけでなく

改善活動を継続的に行うことで結果として

会社の収益につながっていくことを

改めて感じる事ができた機会になりました。

 

 

一番の気づき・印象に残ったこと

 

QC手法の活用術については多岐にわたり

問題解決を行う上で重要なカギとなります。

通り一辺倒なやり方だけではなく

課題に対して使い分けていく必要があり

最も効果的な方法で解決していくことを具体的に学べました。

 

 

また、表面上の学習だけでは

私たちがイメージしているレベルには

到達しないことも気づけた講義でした。

 

 

 

他社の方と研修を受けるなかでの気づき

 

 

大きな気づきとしては、

他社のQC担当者や現場で抱えている課題は

キチナンと同じものが多かったです。

 

 

具体的には、現場でQCリーダーが育っていない

多忙・知識不足などにより活動が停滞してしまう

年に1回の発表のための活動になっているなどです。

 

 

しかし、言い換えると、

キチナンで早く活動を定着化させることができれば、

他社との差をつけられる活動に繋がると感じました。

 

 

 

 

キチナングループで活かしていきたいこと

 

 

会社として今まで以上に活発に取り組むために

活動を行うチーム体制を再構築することが重要です。

 

また小集団グループに対しては

多くの知識や解決技量を肉付けできると考えています。

 

 

 

各所でチームとして活動を行う上で必要な視点や考え方

 

必要な視点は、慣れた現状が働きやすい職場と位置付けずに、

安全や品質について今よりたった1ミリでも前に進めて

改善していく目線を常日頃から持つことが大切です。

 

考え方としては、変化を恐れず、チャレンジしていくことが重要だと感じています。

 

 

 

今後の受験者へのメッセージ

 

 

 

QCストーリーを理解することで

問題点の見つけ方、解決方法、結果についての確認を

個人の技量として身に付けることもできるので、

社内での教育は今まで以上に実施する必要があると再認識できました。

 

QCに関するところだけでなく

あらゆる業務における改善イメージがつきやすくなり、

個々人のスキルも大幅に上がります

 

 

 

 

編集後記


小集団活動の過去の歴史には、グループ員の納得を得ないままに成果を求め過ぎたり、「小集団活動成果発表会」での体裁を気にし過ぎるあまりに運営が難しくなるケースがよくあるそうです。

大田も言っているように、発表の為の活動にならないことが必要です。

キチナングループでは今後も管理職を中心に積極的にQCについての学び・理解を深め、関わるすべてのお客様の製品・商品にとってプラスアルファの価値提供を行うことを物流サービスの1つとして、努めていきます。

お客様への価値提供が、結果として企業の体質改善や発展・成長、職場の活性化・環境整備(働きがいのある職場づくり)、従業員それぞれの能力や資質の向上に繋がると信じているからです。

未来を見据えて考え、行動していきたいと大田にインタビューをし改めて感じました。

 

 

 

interview,text and edit:経営サポート部 藤野ひかる

[採用]第1回新入社員研修をWEBで行いました!

こんにちは!

経営サポート部の藤野です!

 

 

4月27日(月)13:00~16:00に

本社は第3会議室、

他営業所の新入社員は

ZOOMというWEBミーティングが行えるツールで

オンライン研修を開催しました!

 

 

 

 

 

12:50くらいから徐々に集まってきました。

 

 

 

 

 

 

最初の2時間は、

副社長の井本による経営計画書の解説です。

 

 

経営計画書クイズを受けて、

分かりにくかったところや

間違えたところを中心に解説をしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

さっそく支給されたiPadを活用し、研修に参加しています。

 

 

 

 

 

 

後半は課長の内田による実行計画書作成方法について。

 

何のために作成をするのか、

作成する上で大切なポイントはどこかについてなど

詳しく解説がありました!

 

 

キチナンで働いていく上で

実行計画書と経営計画書は欠かせないものなので

新入社員にとっても重要な研修の時間となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

ZOOMを使用しての研修は新鮮ではありましたが、

しばらくはオンラインでのやり取りが増えそうなので

新入社員にも徐々に慣れていって

周りの社員のサポートも出来るようになって欲しいです!

 

 

 

次回開催は5月20日(水)です。

環境整備の実技と、

実行計画書の確認日となっているので

期限までにしっかりと仕上げていきましょう!

 

 

 

 

text,photo and edit:経営サポート部 藤野ひかる

[採用]ブラザーシスター制度についてリアルな声を突撃取材!第2弾

こんにちは!

経営サポート部の藤野です。

 

今回は2019年度にブラザーシスターとして

1年間を過ごした尾崎さんと田中さん(19新卒)に

直撃インタビューをしてきました!

 

第1弾はこちらからお読みください♪

 

 

 

新入社員には1年間、年の近い先輩社員がお世話役としてつき、サポートをします。

昨年ブラザーシスターとして過ごしたおふたりに制度についてきいてみました!

 

 

 

 

2人から見た倉庫事業部


田中:

お客様に対してプラスアルファの価値提供をしていく意識の高い人が多い印象です。

男性の割合が多い事もあって、体育会系のノリや雰囲気はありますが、

女性でも働きやすいのではないかと感じています。

 

繫忙期にもよりますが、

業務中にコミュニケーションをとれる機会もありますし、

既婚の方や育児をされている女性のパートさんもたくさんいらっしゃるので、

バリバリ働きたいと就活中に考えていた私にはすごく良い職場です!

 

 

尾崎:

私も田中さんと同じ印象で、明るくて、

気さくな方が多いので、楽しく仕事ができる環境だと思います。

 

 

 

 

ブラザーシスター制度について

尾崎:

突然任命されたので、不安はありました。

今までそういう経験も無かったですし、人に教える事が出来るのかなとか。

 

だからこそ、田中さんに教えていて

少しでも分からない箇所があればすぐに上司に確認したり、

学び直しをして、間違ったことをそのまま伝えないように努力しました。

田中さんとの時間を通して、気づきや成長に繋がった場面も多かったです。

 

田中:

ブラシスの先輩が同じ職場で安心しました。

2年目に入る前は、次は自分が頼まれるかもと心の準備はしていました。

 

私自身、自分の仕事をしながら、

周りの方へ気配りをすることが苦手だという意識があります。

そのあたりを、この1年で自分自身の成長へも繋げていけるのが

ブラザーシスター制度の取り組みの一環だと考えています。

 

いい意味で後輩と一緒に成長していきたいです!

 

 

 

 

印象的なエピソードや思い出は?

 


尾崎:

ブランチは毎回楽しかったです。

最初は緊張しましたが、2回目ぐらいからは楽しく会話をすることが出来ました。

近況は日報でも知れますが、

営業のお仕事は私に経験が無いので分からないことが多かったです。

 

でも、田中さんの力になりたい一心で、

時にはインターネットで調べてからコメントをすることもありました。

 

田中:

ええ!そうなんですか!

 

尾崎:

はい。

だからこそ、ブランチは1対1で面と向かって会話をするなかで、

率直な今の気持ちを知れることも多かったので良い機会でした。

 

田中:

最後のブランチは印象に残っています。

 

現場のことは尾崎さんが詳しいので、

業務のことも相談出来て濃い時間を毎回過ごせました。

また、尾崎さんの隣では1か月ほどしか実務にあたれていませんが、

【ミスせず、丁寧に仕事をすること】を

間近で見させてもらいました。

私も、自分がしてもらったことを次に繋げていけるようにします。

 

 

 

お互いへのメッセージ


尾崎:

これからは坂本さんのシスターになるので、

田中さんらしくフォローをしていってほしいです。

また、社会人としても2年目を迎え、挑戦の年になると思います。

田中さんは目標をしっかりともっていて、

元気で明るく、いつも前向きなところに私自身、刺激を受けていました。

色々なことを経験して女性営業としてもどんどん頑張ってもらいたいです!

 

田中:

尾崎さん、1年間本当にありがとうございました。

毎日コメントをしてもらったり、

現場でも業務を一からすべて教えてもらったり、感謝しかないです!

ブラシスという関係は終わってしまいますが、

引き続きよろしくお願いします!

 

 

 

 

*研修日誌

新入社員は1年間、研修日誌を書きます。グループ内には社長をはじめ、各グループ役員やそれぞれのブラザーシスターなどがおり、全員で新入社員をサポートできるようにしています。

 

*ブランチ

4月~9月までの半年間、月に1回60分間のランチに行く制度。ブラザーシスターはブランチ開催後、採用担当者に懇親会報告書を提出し、それぞれの新入社員の近況を報告します。報告書は吉南株式会社本社階段の掲示スペースに順次掲載されます。

 

 

interview:経営サポート部 藤野ひかる

[高卒採用]宇部工業高校の生徒さんがインターンシップに来てくれました!

 

こんにちは!

経営サポート部 採用担当の藤野です。

 

 

2月10日(月)、12(水)~14日(金)の4日間、

宇部工業高等学校より2名の生徒さんが

 

 

吉南株式会社 生産事業部 小野田営業所へ

職場体験(インターンシップ)に来てくださいましたので、

当日の様子などをシェアさせていただきます。

 

 

みんなで撮った写真です!

 

 

お忙しい中参加してくれた2人、

本当にありがとうございました!

 

4日間という長丁場で、盛沢山な内容でしたが、

みなさん積極的に参加してくださいました♪

 

 

<1日目>

 

まずはいきなり社員にまじって朝礼参加。

ラジオ体操で身体をほぐします!

 

そのあとは自己紹介タイム&アイスブレイク。

 

この4日間協力しあう仲間として、

お互いのことを知っていきました。

 

 

その後はこの4日間で取り組んでもらいたいミッション発表!!

 

 

 

ミッションに向けて、会社説明や工場見学を行っていきます。

 

大和(やまと)からの説明。工場内は危険がいっぱいだからこそ、ルールを理解することが大切です!

 

 

 

午後からは社員インタビューも行いました。

 

インタビューを通して、

キチナンのことや社員の雰囲気を

感じてもらえたのではないでしょうか。

 

 

 

緊張している様子・・・

 

 

<2日目>

 

2日目・3日目には現場体験も!

 

午前中には安全道場に参加しました。

現場に入る前に、

保護具(ヘルメット、安全靴、マスクなど)の重要性について

しっかり学んでいきます。

 

 

少しシュールな光景です。

 

 

 

あまり普段見ることのない機械ですね

 

 

 

<3日目>

 

3日目は一日かけて現場体験していきました。

 

インドネシアからの実習生も協力してくれ

よりリアルな体験ができました!

 

※お客様先の工場内のため、写真は控えさせていただきます!

申し訳ございません。

 

 

 

<4日目>

ついに最終日・・・

 

 

4日間の集大成!ここまでで学んだことや気づいたことの発表を行いました。

 

 

 

あっという間の4日間でした。

以下、生徒さんからいただいた感想です!

 

 

<生徒さん感想>

 

●社員の皆さんがとても優しかったです。

現場体験が楽しかった。

 

●社員同士がとても仲が良いです。

もっと長い時間参加したかった!(りょう)

 

 

 

<社員感想>

 

●最後の発表では、

わたしたち社員では思いつかないような発想が

いっぱい出てきて面白かったです。

 

●素直で、どんな取り組みも進んで前向きに取り組んでもらえました!

 

●生徒さんの発想力や、

グループワークでの積極的なチームプレーに、

私の方が勉強させられる思いでした。

 

 

 

みなさんにとってプラスな4日間になっていると

本当に嬉しいです!

 

そして来年、みなさんが3年生になったときにまた、職場見学に来てくださいね♪

 

参加してくださって、本当にありがとうございました!

 

 

 

text:経営サポート部 藤野ひかる、edit:20内定者 坂本

[20新卒]JAVADA主催のロジスティクスオペレーション3級に合格した勉強法!

こんにちは!

採用担当の藤野です。

 

2月に実施されました、

JAVADA主催の試験にキチナングループ20内定者5名が挑戦しました!

ロジスティクスオペレーション3級を受験し、なんと4名が合格!

みなさん素晴らしい!さすが期待の新卒です!

 

 

今回はその中でも

4月より運輸事業部に配属されている園田さんに

実際に受けてみての感想と勉強法などインタビューしてみました!

 

 

 

園田さんの内定者インタビューはコチラ

 

 

 

 

 

 

受験のキッカケ
——————————————
配属希望先の先輩がすでに受験し受かっていたのと
入社前に物流業界を少しでも知って、
勉強できる機会にしたいと思ったのがキッカケです!
同期よりも少しでも先にいきたいと考え、受検を決意しました。
 
 
 
 
勉強法 
——————————————
12月の終わりにテキストを入手し
1月上旬から勉強を始めました。
 
 
正直、物流については何の知識もないので
すでに受験し合格した先輩の勉強法を真似て
最初はとにかくテキストを一回読むことから始めました。
読むだけだと集中力が途切れてしまうので
家で一人の時は音読もしました。
 
 
過去問に取り組み始めたのは2月くらいから。
僕は、3期分解いて、答え合わせを自分でしてという流れでした。
 
 
過去問集を購入したわけでは無いため
解説がついていなかったので
間違えた問題については
テキストで調べて答えあわせをしていきました。
 
 
ときどき調べても分からない部分もあったので
「解説が…欲しい!」と思ったことも有りましたが
調べたときに解答だけでなく
そこに関連したことや付随した事も
同時に覚えるように見直しをして
学びを倍に増やせるようにしました。
 
 
試験前の最後の追い込みは、苦手な章もあったので、
最悪5章までは確実に正答率を上げる事ができるように
的を絞って勉強をしました。
 
 
 
同期とは?
——————————————
 
 
 
勉強してる?と声掛けはしあいましたね。
 
 
同期内で負けたくない気持ちはもちろんありましたが
一番点数取りたいというよりは
もともと資格試験は苦手だったので
まず受かることを目標にしていました!
 
 
 
 
感想
——————————————
大変でしたが、率直に勉強して良かったと思っています!
 
 
物流業界に足を踏み入れるものの
内定者期間に学べることは正直少なかったので不安でした。
 
何にもしていないよりは、基礎的なところを、
すべては理解できないまでも内定者のうちに知れて良かったです。
 
 
試験に受かったことは自信になりました!
 
その理由は本気になって勉強できたこと、
副社長や採用担当の方に
「期待しているよ!園田くんなら大丈夫!」と、
激励の言葉をもらえたからです。
プレッシャーでもありましたが
頑張った結果が出たので達成感がありましたし
あの言葉があったか無かったかでは
自分の頑張り度合いが全然違ったと思いました。
応援してもらえて嬉しかったです。
 
 
それから、資格試験に受かることが初めてだったので
家族にも褒めてもらえたことが何より努力して良かったと思えました。
しかし、その知識を家族にひけらかしたら少し間違えていて
弟に訂正を受けるという恥ずかしい思いをしました(笑)
もう二度と、調子には乗りません!!!
 
 
復習もきちんとして、実務に活かしていきたいと思います!
 
 
 
 
直近で挑戦したい資格は運行管理者です!
会社の為にももちろんですが
自分自身の成長の為にも真剣に取り組んでいきたいと思います!
 
 
 
 
interview,text,photo and edit:経営サポート部 藤野ひかる

PAGE
TOP